• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ上海モーターショー2017 > 上海モーターショー、113車種の新車を発表へ

上海モーターショー2017

上海モーターショー、113車種の新車を発表へ

1000社以上が出展し、4月21日に開幕

  • 曹 暉
  • 2017/04/12 16:20
  • 1/2ページ

 「上海モーターショー」(2017第17回上海国際自動車工業展覧会)が、2017年4月21日~28日に上海市にある国家展覧センターで開催される(4月19日~20日はメディアデー)。合計18の国と地域から1000社以上の自動車メーカーや部品メーカーが出展し、1400車種を展示すると見られる。113車種の新車の発表が予定されている。内訳は、外国企業の新車が30車種、中国企業が83車種となっている。世界最大の自動車市場に投入する「新エネルギー車」(NEV)や自動運転技術などが注目される。

上海モーターショーのポスター
[画像のクリックで拡大表示]

 最大の注目は、159車種の展示が予定されるNEVだ。中国では、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)、燃料電池車(FCV)をNEVと定義し、政府主導で普及を促進している。今回展示される159車種のうち、外国企業は63車種で、中国企業は96車種となる。また、コンセプト車は56車種も出展される。このほかに、世界初ではないものの、アジアで初めて出展する車は44車種となる。

 国家展覧センターの13個の展示ホールを使い切って開催する。乗用車の展示は9ホール、商用車は1ホール、自動車部品は3ホールをそれぞれ使う。

おすすめ

あなたにおすすめ