• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業SENSINGISSCC 2017 > あらゆるモノが“耳”を持つ時代へ、MITが消費電力1/100の音声認識IC

ISSCC 2017

あらゆるモノが“耳”を持つ時代へ、MITが消費電力1/100の音声認識IC

  • 野澤 哲生
  • 2017/02/14 18:11
  • 1/1ページ
米Massachusetts Institute of Technology(MIT)は、半導体集積回路の国際学会「ISSCC 2017」で、低遅延かつ低消費電力の音声認識ICについて発表した。 MITが開発したのは、IoT(Internet of Things)端末、ロボット、ウエアラブル端末などに向けた音声認識IC。クラウドに頼らず、端末だけでの処理を想定している。

おすすめ

あなたにおすすめ