• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業IoTCeBIT 2017 > ビジネスモデルを変える力がIoTにある、東芝がSPINEX

CeBIT 2017

ビジネスモデルを変える力がIoTにある、東芝がSPINEX

  • 小島 郁太郎
  • 2017/03/26 01:00
  • 1/2ページ

 東芝は、CeBIT 2017(ドイツ・ハノーバー、3月20日~24日)のジャパンパビリオンにブースを構えて、同社のIoT事業をアピールした。同社は2016年11月にIoTアーキテクチャーとして「SPINEX(スパインエックス)」を発表している(関連記事:東芝、IoT関連の売上倍増を目指す新アーキテクチャー)。

東芝のブース 日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 ブースの説明員によれば、同社は得意技術が活きるエッジに力を入れてIoT事業を展開しているという。例えば得意な技術としては、組み込み関連技術や産業現場の各種技術、研究所が中心に開発したAI技術などがあるとした。

 ブースにはSPINEXをベースにしたIoTシステムの例がいくつか紹介されている。Liイオン2次電池「SCiB」を利用して安定化を図った電力供給網や、AI技術を利用して効率化を図った半導体工場である。後者は東芝自身の半導体工場の事例で、装置が出力したビッグデータをAIで解析することで、欠陥の仕分けが34%向上、欠陥の同定が67%効率化したとのことだった。

「SCiB」を利用して安定化を図った分散型電力供給網 東芝のパネル。
[画像のクリックで拡大表示]
AI技術を利用して効率化を図った半導体工場 東芝のパネル。
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ