生体をヒントにIoTデバイスの計算量を削減、日本IBM

IoTデバイスは移動を繰り返して、障害物の位置を学習していく

記事に戻る

閉じる