• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業IoTCeBIT 2017 > 両首相の会場視察は1時間半の長丁場、日本ブースは6つを訪問

CeBIT 2017

両首相の会場視察は1時間半の長丁場、日本ブースは6つを訪問

  • 小島 郁太郎
  • 2017/03/23 08:25
  • 1/2ページ

 ドイツ・ハノーバーで開催中の「CeBIT 2017」(3月20日~24日)の初日(20日)の午前9時30分から、日独首相がそろって会場を視察した。最初に、ホール4のジャパンパビリオンのステージで、安倍首相、メルケル首相の順で簡単な挨拶をした。

ホール4のジャパンパビリオンのステージに立つ両首相 日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 安倍首相は、「アンジェラ(メルケル首相のファーストネーム)との約束を守ることができた」と述べて、日本がカントリーパートナーとしてCeBIT 2017に参加したことを改めて報告した。メルケル首相は「日本のSociety 5.0は、ドイツのIndustrie 4.0の参考になる」と述べて、日本サイドを立てた。続いて、関係者や出展企業・団体の代表者との記念写真を撮った後で、会場視察になった。

 ホール4のジャパンパビリオンには日本の企業・団体が83のブースを構えているが、両首相が訪れたのは5つ。日立製作所、ニチコン、NEDO、三菱電機、NTTである。

最初に訪れた日立製作所のブース 日独などのメディアにブースの説明員も加わり大混乱。日経テクノロジーオンラインが撮影(両首相が見えずで、申し訳ない)。
[画像のクリックで拡大表示]
次に訪れたニチコンのブース。日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]
3番目はNEDOのブース。同ブースに出展のサイバーダインの説明を聞いた。日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]
4番目は三菱電機のブース。ダイナミックマップ基盤企画(三菱電機らが出資)のコーナーを見た。日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]
5番目はNTTのブース。NTTが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
この記事の掲載当初、訪問した日本企業・団体のブースは5つとしていましたが、もう1つ「NTT」のブースを訪問していることが分かりました。お詫びして、タイトルと本文を訂正します。また、NTTブースでの写真を追加しました。現在、タイトルと本文は修正済み、写真は追加済みです。

おすすめ