• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクステクノ大喜利 > 衰えないSamsungの意気、だが無視できない内憂外患がある

テクノ大喜利

衰えないSamsungの意気、だが無視できない内憂外患がある

【なぜSamsungは、いつも強いのか?】テクノ大喜利まとめ

  • 伊藤元昭=エンライト
  • 2017/07/25 05:00
  • 1/3ページ

 韓国Samsung Electronics社は、2017年第2四半期の売り上げが約5兆9000億円、営業利益が約1兆4000億円に達したと発表した。米国の調査会社であるIC Insights社などは、年間の売り上げで、ついに王者米Intel社を抜く可能性があると見ているようだ。1992年以来、Intel社は半導体売り上げの首位の座を25年間にわたって死守してきた。対するSamsung社は15年間連続の2位だった。実際に首位が変われば、まさに歴史的な出来事になると言える。

 Samsung社は、半導体ビジネスをする上では不利とされる総合電機の典型である。加えて、近年の同社は逆風の連続だった。ビジネスの柱であるスマートフォン事業では「Galaxy Note7」での不具合によってブランドが失墜。さらに、カリスマ経営者の李健煕会長が急性心筋梗塞で闘病生活に入り、それを引き継いだ李在鎔副会長も朴槿恵前大統領への賄賂疑惑で逮捕・起訴され、少なからず指揮系統の混乱があったと思われる。

 技術革新とビジネス環境の変化が激しい電子業界で強みを維持し続けることは簡単なことではない。今回のテクノ大喜利では、同社ビジネスの強さと弱点について議論した。各回答者への質問は以下の3つである。

【質問1】 Samsung社は、なぜ長期にわたって高い競争力を維持できるのでしょうか?
【質問2】 Samsung社の弱点があるとすれば、どこにあると思われますか?
【質問3】これからしばらく、Samsung社はトップであり続けると思われますか?

 3つの質問に対するそれぞれの識者による回答要旨は、以下の表の通りだ。

[画像のクリックで拡大表示]
表1 テクノ大喜利「なぜSamsungは、いつも強いのか?」回答まとめ

おすすめ