• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログテクノ大喜利 > 巨象・新星と成長市場で対峙する挑戦者ルネサスに期待する

テクノ大喜利

巨象・新星と成長市場で対峙する挑戦者ルネサスに期待する

【ルネサスの復活は本物か?】テクノ大喜利まとめ

  • 伊藤元昭=エンライト
  • 2017/06/30 05:00
  • 1/3ページ

 これまで泥沼の苦境の中にいたルネサス エレクトロニクスに、明るい話題が続いている。

 足下の業績は極めて好調。2017年第1四半期の売上高は前年同期比5.9%増の1776億円、営業利益は同62%増の255億円となった。将来の売り上げにつながる車載マイコンの商談も順調に伸び、2016年度は9カ月目の段階で2015年度の新規商談の金額を超え6500億円を突破したという。同社 社長 兼 CEO(最高経営責任者)の呉 文精氏は、同社主力のマイコン事業の現在について「工場をフル稼働しても需要に追いつかない状態」とコメントしている。

 2017年4月には大幅な機構改革も実施。世界市場で新規顧客を開拓する体制を整えた。4月11日に開催したプライベートイベント「Renesas DevCon Japan 2017」も大入り満員であり、自動運転や先進運転支援システム(ADAS)向けAI技術を工業用にも展開するなど、応用開拓を加速している。

 こうした状況の変化を受けて、同社株式の約7割を保有する官民ファンドの産業革新機構と母体企業3社(日立製作所、三菱電機、NEC)が、最大24.2%のルネサス株を国内外で売り出すと発表。再建プロセスのゴールが近づいていることを印象付けた。今回のテクノ大喜利では、「ルネサスの復活は本物か?」と題して、同社の現況と将来展望を9人の識者が議論した。各回答者への質問は以下の3つである。

【質問1】 ルネサスは、世界の競合の中で勝ち抜けられる状態になったのでしょうか?
【質問2】ルネサスが現在のように復調できた、最大の要因は何なのでしょうか?
【質問3】次のステージでのルネサスは、何を目指して何に注力すべきだと思いますか?

 3つの質問に対するそれぞれの識者による回答要旨は、以下の表の通りだ。今回は、9人の回答についてまとめてみよう。

[画像のクリックで拡大表示]
表1 テクノ大喜利「ルネサスの復活は本物か?」回答まとめ

おすすめ