• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり品質の明日 > 画期的な新商品を企画する新手法

品質の明日

画期的な新商品を企画する新手法

「新・商品企画七つ道具」(Neo P7)

  • 神田範明=成城大学 経済学部経営学科 同大学院経済学研究科 教授、山形大学 大学院理工学研究科 講師
  • 2016/12/08 00:00
  • 1/5ページ

 商品企画において消費者の方向性を適確に把握するため、感覚・感性といった定性的な評価だけでなく、「多変量解析」や「実験計画法」などの科学的分析ツールによる定量的な評価を組み込んだ手法が「商品企画七つ道具」[1] ,[2](以下、P7)です。そのP7が現在、「新・商品企画七つ道具」[3](以下、Neo P7)として進化しています。本稿では、仮説からシステマティックにヒット商品を生み出す手法であるP7と、その進化版であるNeo P7を紹介します。

*注釈
P7は、1994年6月に開催された日本科学技術連盟のシンポジウムで初めて公表された。

おすすめ

あなたにおすすめ