• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEクルマ新車レポート御堀直嗣の注目新車インプレッション高出力モーターで走りを一新、「オデッセイ」の2モーターハイブリッド

御堀直嗣の注目新車インプレッション

高出力モーターで走りを一新、「オデッセイ」の2モーターハイブリッド

  • 御堀直嗣=モータージャーナリスト
  • 2016/02/29 00:00
  • 2/4ページ

 しかし、今回のオデッセイでは、モーター走行からハイブリッド走行、そしてエンジン走行に至るまで実に滑らかにシステムが制御され、快適な走りをもたらした。

 同じi-MMDとはいえ、オデッセイへの採用に際し、モーターやバッテリーが刷新されている。モーターはアコードの124kWから135kWへと最高出力が高められており、エンジンも107kWと2kWの高出力化がなされている。またモーターは、出力の性能曲線においてもより滑らかな特性が与えられた。それらの技術的進化が、走りを一新した。

 また、アクセル全開に近い加速では、エンジンを高回転域まで回して速度を上げていくことになるが、アトキンソンサイクルを用いたエンジンとはいえ、さすがホンダというだけあって、軽やかに気持ちよく回り切る。

 モーター特有の滑らかで力強い発進をすると同時に、エンジンによる胸のすく加速も味わえ、JC08モードで26.0km/Lを達成した低燃費性能はもちろんだが、単なるエコカーではないホンダならではの走りを堪能させるハイブリッド車だ。

モーター、バッテリーが刷新され、エンジンも改良されて完成度を高めたi-MMDのハイブリッドユニット
[画像のクリックで拡大表示]
メーター内に、ハイブリッドシステムの作動状況が表示される
[画像のクリックで拡大表示]
モーター走行のみのEVモードも選べる
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ

あなたにおすすめ