• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ新車レポート御堀直嗣の注目新車インプレッション > 高出力モーターで走りを一新、「オデッセイ」の2モーターハイブリッド

御堀直嗣の注目新車インプレッション

高出力モーターで走りを一新、「オデッセイ」の2モーターハイブリッド

  • 御堀直嗣=モータージャーナリスト
  • 2016/02/29 00:00
  • 1/4ページ

 ホンダの「オデッセイ」にハイブリッド車が追加された。これは、1994年の初代誕生以来、現行の5世代目にして初のことである。

 搭載されるハイブリッドシステムは、先に「アコード」で採用された2モーター方式の「i-MMD」である。エンジンは、排気量2Lのガソリンだ。

 先に採用されたi-MMDは、ホンダらしい元気溢れる加速の鋭い走りをしたが、モーター走行からエンジン走行に切り替わるときなどでは移行の滑らかさに欠け、やや荒い仕上がりだった印象がある。

ハイブリッド車でもアブソルートはより偏平タイヤを装着するなどスポーティーな装い
[画像のクリックで拡大表示]
アブソルートの内装は、黒を基調としたデザインに統一される
[画像のクリックで拡大表示]
【escar Asia 2017】いざ本番、クルマのセキュリティー対策

おすすめ