• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEエネルギー現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線大型ハリケーンに耐えたナイロン製「バラスト式架台」

現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線

大型ハリケーンに耐えたナイロン製「バラスト式架台」

病院の屋根に設置し、風速約80メートルでも稼働

  • Junko Movellan=ジャーナリスト
  • 2017/11/08 05:00
  • 2/4ページ

ナイロン製一体成形の架台

 同太陽光発電システムは、プエルトリコのサンホアンにある。米退役軍人管理局の運営するメディカルセンターに設置され、2015年に稼働を開始した。この病院はプエルトリコとヴァージン諸島に在住する15万人を超える米退役軍人が主に利用しており、プエルトリコとカリビアン諸島における最大規模の連邦政府による医療施設である。

 「バラスト式架台」を提供したのは、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を持つソレガ社(Sollega)だ。同社は商業用フラットルーフ(陸屋根)用架台に特化している。この架台は、プラスチック製で「ファーストラック510(FastRack510)」 と呼ばれる。

 プラスチックの種類は、ナイロン6「ウルトラミッド (Ultramid)」(独BASF製)である。この材料は強度、剛性、熱安定性に優れ、柔軟性が高いため、太陽光アレイ(パネルの設置単位)を壊すことなく、複数の方向に曲げられる。さらに、紫外線吸収剤が添加されているので、耐光性、耐久性に優れるという。

 一体成形により1つ部品からできているために現場での組み立てを必要とせず、重ねられるため、運搬や設置が容易という利点もあるという。システムの施工時間は、モジュール(パネル)1枚当たり約5分という。

 同架台は、カリフォルニア州の射出成形業者が製造している。射出成型機には、金型交換が容易な機構が組み込まれていて、150~270W/枚までどのメーカーの太陽光パネルにも対応できる「ユニバーサルデザイン」となっている。さらに、パネルの横、縦置き両方に対応できる(図2)。

図2●ナイロン6「ウルトラミッド (Ultramid)」の一体成形で製造された架台「ファーストラック510 (FastRack510)」
(出所:Sollega社)
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ

あなたにおすすめ