• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりものづくりエディターズ・ルーム@白金 > いかにしてカチカチの「あずきバー」を削ったか

ものづくりエディターズ・ルーム@白金

いかにしてカチカチの「あずきバー」を削ったか

スティックを引き抜く「ぬけるんバー」の裏話

  • 野々村 洸
  • 2017/07/25 05:00
  • 1/3ページ

 固いなら 削ってみせよう あずきバー――。

[画像のクリックで拡大表示]
絶対に負けられない戦いがそこにはある
製品パッケージ上部の写真。

 パッケージに5・7・5調の言葉が躍る製品「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」が2017年6月29日に発売されました(ニュースリリース)。タカラトミーアーツ(本社東京)が“世界一固いアイス”と言われる井村屋(本社津市)の「あずきバー」をかき氷化するため、試行錯誤を繰り返して完成させた製品です。

 「日経ものづくり」2017年7月号の「ものづくりQuiz」では、その試作の変遷を記事として掲載しています(当該記事:“世界一固いアイス”をかき氷化、成功したのはどれ?)。最初、タカラトミーアーツはあずきバーのかき氷化に挑戦するも固すぎて“刃”が立ちませんでした。そこで同社は計6回も製品本体の試作を繰り返して、見事かき氷化に成功しました。日経ものづくりでは同製品を利用している動画を解説付きで作成しています。ご興味がある方はぜひご覧ください(約2分)。

カチカチのあずきバーをかき氷化

おすすめ