• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業産総研が開く、明日への扉 > 最先端のナノスケール観察・分析技術、産総研が開放へ本腰

産総研が開く、明日への扉

最先端のナノスケール観察・分析技術、産総研が開放へ本腰

「溶液中」「ありのまま」「リアルタイム」で観察できるナノイメージング・ソリューションズ・プロジェクトを打ち立てる

  • 大久保 聡
  • 2016/06/24 17:00
  • 1/1ページ
 産業技術総合研究所は、保有する世界最先端の観察技術や解析技術を統合する「ナノイメージング・ソリューションズ・プロジェクト(Nano-Imaging Solutions Project)」を打ち立てた。ナノ材料や細胞がどのような状態であるかを観るための「世界トップレベルの技術とソリューションを社会に提供」(産総研)する中核技術構築プロジェクトとしてNISPを位置付け、企業や大学、研究機関など、産総研以外に有料で開放する。それにより、産総研の技術を企業が手掛ける製品開発や大学などの研究の進展に生かすことが狙い。NISPは機能の恒久化を目指している。現在もすでに利用可能であり、一般からの評価依頼を受け付ける。

おすすめ