• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器山谷剛史の ニーハオ!中国デジモノ > 中国版Fitbitこと活動量計「clingband」を試してみた

山谷剛史の ニーハオ!中国デジモノ

中国版Fitbitこと活動量計「clingband」を試してみた

  • 山谷剛史
  • 2017/10/13 05:00
  • 1/2ページ

出典:日経トレンディネット、2017年 9月 11日、(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

clingbandはFitbitより割安!

 毎日の行動を記録するリストバンド型活動量計「Fitbit」によく似た中国メーカー製の「clingband」を雑貨店で発見した。上海翰臨電子科技(HiCling)という新興メーカーの製品で、定価598元(約1万円)。実際は398元(約6700円)で購入できたので、アマゾンで2万円近くする心拍数が計れるタイプの本家Fitbitと比べると、ほぼ3分の1の価格だ。ちなみにバンドのカラーバリエーションは7種類。

 clingbandは、歩数、肌の温度、心拍数、UV指数、睡眠時間などを計測する機能を備えており、各種データは本体側面のボタンおよびタッチパネルのタップやスワイプ操作で確認できる。また、ジョギング/ランニング、サイクリング、ジムでの運動開始時と終了時は、同様にボタンやタッチパネルの操作で「運動モード」を切り替える。

 本体はバッテリー内蔵だが充電用端子はなく、充電時はパッケージに同梱されているユニットを本体の裏側に取り付ける。少し面倒だが、相当頻繁にデータを確認するようなことがなければ、バッテリーは2、3日は持つだろう。節電のためか、操作をしていないとすぐにディスプレーがオフになってしまうのだが、腕時計を見るような動作をするとすぐにオンになり、時間が表示される。

充電ケーブルや簡易説明書が入ったパッケージ
[画像のクリックで拡大表示]
充電時は本体の裏側にユニットを装着する。バンドはラバー製
[画像のクリックで拡大表示]
歩数計表示。「9.4千歩」「2.8万歩」のように表示される
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ