• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ中国産業ウオッチング > 中国自動車市場、日系3社は2月の販売台数が20%以上増

中国産業ウオッチング

中国自動車市場、日系3社は2月の販売台数が20%以上増

  • 曹 暉
  • 2017/03/13 05:00
  • 1/3ページ

 2月のトヨタ、ホンダ、日産の日系自動車大手3社の中国での販売が好調だった。いずれも対前年同期比で20%以上の増加となっている。その大きな理由は、2017年の春節休み(販売店も休業などになるため、クルマもこの期間は売れにくくなる)が、2月にわずか2日間だけだったことが挙げられる。2016年は7日間あったので、前年と比べて相対的に販売日が5日間多くなったため、販売増につながったとみられる。

日系3社の中国での2月販売台数(日経テクノロジーオンラインによるまとめ)
 2017年2月2016年2月対前年同期比(%)
トヨタ81,900 65,468 25.1
ホンダ81,125 57,371 41.4
日産74,830 60,837 23.0

 前年に比べて、最も販売台数の増加率が高かったのはホンダだ。同社の2月の販売台数は8万1125台で、前年同期と比べて41.4%増。2月での最高の販売台数となった。なかでも高級ブランドのAcuraは800台も売れて、対前年同期で357.1%増と大幅に伸びた。中国消費者の嗜好にあわせた国内生産が奏功したという。シビック、エリシオン、アコード、フィット、クライダーも好調で、いずれも対前年同期比で30%以上増加した。ホンダ傘下の2社のうち、「広汽本田」は4万2002台を販売し、対前年同期比で34.4%増、「東風本田」は3万9123台を販売し、対前年同期比で49.8%増で、いずれも2月単月では最高の実績となった。

本田中国が発表した2月の販売実績
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ