• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ新車レポートリーフ(2017年) > 日産副社長が語る「リーフ」開発、2018年に高性能モデルも

リーフ(2017年)

日産副社長が語る「リーフ」開発、2018年に高性能モデルも

  • 窪野 薫
  • 2017/09/11 06:00
  • 1/3ページ
 日産自動車は2017年9月6日、2代目となる電気自動車(EV)の新型「リーフ」を発表した(関連記事:リーフ、記事一覧)。リチウムイオン電池の容量を増やすことで、1充電で400km走れるようにしたのが特徴だ。続々と他社の参入が進むEV市場の中で、日産の将来を担う“勝負車”。製品開発担当の副社長、坂本秀行氏に開発の要点と今後の展望を聞いた。

日産自動車副社長の坂本秀行氏
[画像のクリックで拡大表示]

——新型リーフはどのようなクルマか。

 日産の中期経営計画上のトッププライオリティ(最優先)となる車両だ。Carlos Ghosn会長や西川廣人社長から言及され続けてきた。

 (機能面では)高速道路の単一車線走行を支援する「プロパイロット」や駐車支援システム「プロパイロット パーキング」など、EVと組み合わせやすい機能を追加することで、走行時の利便性や快適性を向上させている。

 さらに、まだ詳細は話せないが、2018年中にモーターの出力や航続可能距離を“驚くほど”高めた「ハイパワー版」を発売する計画だ。プレミアム(高付加価値)のEVとして投入する。

——ガソリン車と比べてEVの開発は難しいのか。

 EVの方が難しいと考える。理由は二つ。まず、安全性を向上させるために車両の構造が大きく変わる点だ。特に電池を守るための設計が重要となる。そしてソフトウエアも難しい。駆動系の制御や自動運転系との連携など、やるべきことが多い。

——開発期間は変わったのか。

 今回は新技術を積極的に搭載して多くの工数をかけた。先代モデルが出てすぐに次期型モデルの開発を始めたので、開発期間は(先代から)あまり変わっていない。

新型「リーフ」、斜め前から
[画像のクリックで拡大表示]
充電器を接続した状態
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ