• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEクルマ新車レポートレクサスLC > トヨタ、新型の高級クーペ「レクサスLC」を発売

レクサスLC

トヨタ、新型の高級クーペ「レクサスLC」を発売

  • 高田 隆
  • 2017/03/16 20:17
  • 1/2ページ

 トヨタ自動車は2017年3月16日、新型の高級クーペ「レクサスLC」を発売した(図1、2、3)。2016年の「デトロイトモーターショー」で公開した車両の量産モデルになる(関連記事:トヨタ、新型クーペ「レクサスLC500」のFCVを2020年までに投入)

 ガソリンエンジン車の「LC500」と、ハイブリッド車(HEV)の「LC500h」を用意した。価格(消費税込み)はガソリン車が1300万~1400万円、HEVが1350万~1450万円である。月間販売目標は550台。

図1 新型「レクサスLC」
[画像のクリックで拡大表示]

 新たに開発した「GA-L」プラットフォームを適用し、ボディーの高剛性化や軽量化を実現した。軽量化については、より強度が高い高張力鋼板やアルミニウム(Al)合金、CFRP(炭素繊維強化樹脂)の使用量を増やしたことで、これらの軽量化素材を使わない場合に比べてボディー質量を100kg軽くした。

図2 サイドビュー
[画像のクリックで拡大表示]

 車両寸法は全長4770×全幅1920×全高1345mmで、ホイールベースは2870mm。スポーツクーペの「レクサスRC」に比べて全長は75mm長く、全幅は80mm広く、全高は50mm低く、ホイールベースは140mm長い。車両質量はグレードによって異なり、ガソリン車は1940~1960kg、HEVは2220~2240kg。

図3 リアビュー
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ

あなたにおすすめ