• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ新車レポート > ワゴンR

スズキの新型「ワゴンR」と同社社長の鈴木俊宏氏
[画像のクリックで拡大表示]
パワートレーンは基本的に従来と同じだが、エンジンの冷却性能を強化するなどの改良を図った
[画像のクリックで拡大表示]

 スズキは2017年2月1日、軽自動車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」の新型モデルを発表した。モーターのみでクリープ走行ができるマイルドハイブリッド(マイルドHEV)システムを採用し、JC08モード燃費で33.4km/Lを達成した。価格はワゴンRが107万8920円から、同スティングレーが129万3840円から(ともに税込み)。

 新型車のラインアップは、ワゴンRがマイルドHEVシステム非搭載の「FA」と搭載の「HYBRID FX」「HYBRID FZ」、同スティングレーは非搭載の「L」と搭載の「HYBRID X」「HYBRID T」で、それぞれ2輪駆動と4輪駆動のモデルを用意する。

 パワートレーンは従来と同じくR06A型エンジンと副変速機構付きのCVT(無段変速機)を採用しているが、エンジンの冷却性能を強化するとともに、補機ベルトの張力を低減してマイルドHEVシステムのISG(モーター兼オルタネーター)の高出力化に対応させた。

 またCVTも、加速性能と燃費を両立するためにギア比を最適化した。スティングレーのHYBRID Tは最高出力47kW/6000rpm、最大トルク98Nm/3000rpmを発生する直列3気筒ターボエンジン(排気量658cc)、それ以外は最高出力38kW/6500rpm、最大トルク60Nmmの直列3気筒エンジン(同658cc)を搭載した。

記事一覧

おすすめ