日経BP社

お問合せ

お申込み

パンフレットDownload

10年後1450万台の自動運転車が走る未来

セミナー Keyword

次世代自動車ビジネス 技術力X構想力 自動車産業に再定義を迫る変革の波が押し寄せる!

セミナー内容

Next 10YEARS クルマ戦略

次世代自動車ビジネス研究会・セミナー

シーズン1 自動運転が帰るビジネスモデル 2016年5月~7月開催 全5回 シーズン2 次世代モビリティーがもたらす変革 2016年9月~11月開催 全5回

自動車ビジネス各分野の専門家が集結 学び+議論で明快な課題解決を!

次世代自動車ビジネス研究会・セミナー

お問合せはこちら

お申込みはこちら

パンフレットDownloadはこちら

業種・部門

必修ビジネスパーソン

  • 業種

    自動車完成車メーカー、部品メーカー、デバイスメーカー、ソフトウェア・IT、テレコム・通信、素材、エネルギー、整備、保険、物流、広告
  • 部門

    トップマネジメント、経営企画、事業開発、R&D、新規事業、サービス企画、グローバル戦略、長期戦略策定プロジェクト、研究所・シンクタンク

参加メリット

5つの“明快”ポイント

5つの“明快”ポイント

参加特典

  • W参加 シーズン1+シーズン2 受講料10%OFF
  • 関連レポート「自動運転の未来2016-2020」や「自動車ロードマップ2050」を同時申込の場合 受講料5%OFF
  • 未来のクルマをリードする専門誌 日経Automotive 1年間購読付

次世代自動車ビジネス研究会・セミナー

お問合せはこちら

お申込みはこちら

パンフレットDownloadはこちら

セミナー開催概要

「次世代自動車ビジネス研究会」とは

10年後、自動車関連ビジネスで勝者になるには、新たなビジネスモデルや社会システムの姿を描く「構想力」が重要です。日本企業が得意とする「技術力」だけでは戦えません。今後、異業種からの参入が相次ぎ、自動車産業に再定義を迫る変革の波が押し寄せます。最新動向と産業の未来像を知らずして、新たな戦略は立案できません。「次世代自動車ビジネス研究会」は、これから自動車ビジネスがどう変化し、自動車産業および周辺産業にどのような影響を及ぼしていくか、どんなビジネスチャンスやリスクがあるかを学び、議論する場です。シーズン1は5月~7月に、シーズン2は9月~11月に、それぞれ全5回で開催します。

シーズン1「自動運転が変えるビジネスモデル」
総合プロデューサー

鶴原 吉郎 氏

鶴原 吉郎

オートインサイト代表/技術ジャーナリスト・編集者

1962年生まれ。1985年慶應義塾大学理工学部卒業。日経マグロウヒル社(現在の日経BP社)に入社後、新素材技術誌、機械技術誌を経て、2004年に、日本で初めての自動車エンジニア向け専門誌「日経Automotive Technology」の創刊に携わる。2004年6月の同誌創刊と 同時に編集長に就任。2013年12月まで9年9カ月にわたって編集長を務める。2014年3月に日経BP社を退社し、2014年5月に自動車技術・産業に関するコンテンツの編集・制作を専門とするオートインサイト株式会社を設立、代表に就任。日経BP未来研究所客員研究員。

シーズン2「次世代モビリティーがもたらす変革」
総合プロデューサー

桃田 健史 氏

桃田 健史

自動車ジャーナリスト

1962年、東京生まれ。欧米、中国、東南アジアなどを定常的に巡り、自動車、IT、エネルギーの分野で大手企業からベンチャーまで幅広く取材。日本国内では高齢化時代の交通のあり方について力を注ぐ。日経BP社、ダイヤモンド社、自動車関連の各メディアで執筆中。インディカー、NASCARなどでのレーシングドライバーとしての経歴を生かして、日本テレビ系列でレース番組の解説も手がける。著書に「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ」(ダイヤモンド社)、「未来型乗り物 "超小型モビリティ"で街が変わる」(交通新聞社)、「アップル、グーグルが自動車産業を乗っとる日」(洋泉社)、「IoTで激変するクルマの未来」(洋泉社)。

シーズン1自動運転が変えるビジネスモデル

2016年5月~7月開催 全5回

自動運転の時代になると、自動車産業はその姿を根本から変革する必要に迫られます。自動車産業は、次世代のモビリティ・インフラ産業へと変貌を余儀なくされるでしょう。その影響は、完成車メーカーや部品メーカーだけにとどまりません。素材産業やエネルギー産業、整備業界、保険業界、物流業界、広告業界などあらゆる産業界に及ぶはずです。シーズン1「自動運転が変えるビジネスモデル」では、自動運転技術の実用化によって、自動車産業がどう変わっていくのか、どのような新しいビジネスが生まれてくるのかについて、5回にわたって考え、議論します。自動車関連業界、ICT・エレクトロニクス業界の皆様はもちろん、幅広い業界の方々のご参加をお待ちしております。
主催 日経BP未来研究所/日経Automotive
会場 秋葉原UDXギャラリーネクスト
(東京・千代田区)
定員 50名(最少開催人員:20名)

詳細はこちら

第1回:5月30日(月) 13:00~17:20

自動運転の普及予測と
既存産業への影響

富永 和利 氏

13:00〜15:00

自動運転の普及予測と消費者ニーズ

講師:富永 和利 氏

ボストン コンサルティング グループ パートナー&マネージング・ディレクター

園田 展人 氏

15:20〜17:20

自動運転技術が生み出す新サービスと既存産業への影響

講師:園田 展人 氏

EYアドバイザリー ディレクター

第2回:6月14日(火) 13:00~17:20

新たなモビリティービジネスの姿と
社会ニーズの変化

中島 宏 氏

13:00〜15:00

自動運転×インターネットが生み出す新市場の可能性

講師:中島 宏 氏

ロボットタクシー 代表取締役社長

菅沼 直樹 氏

15:20〜17:20

自動運転自動車の最新動向と石川県珠洲市における実証実験概要について

講師:菅沼 直樹 氏

金沢大学 新学術創成研究機構 未来社会創造コア 自動運転ユニット ユニットリーダー、准教授

第3回:6月28日(火) 13:00~17:20

自動運転の成否を左右する
人工知能開発の最前線

平林 裕司 氏

13:00〜15:00

ディープラーニングが創るクルマの新しい価値

講師:平林 裕司 氏

デンソーアイティーラボラトリ 代表取締役社長

三嶋 英俊 氏

15:20〜17:20

演算量1/10でクルマに搭載できるコンパクトな人工知能

講師:三嶋 英俊 氏

三菱電機 情報技術総合研究所 知能情報処理技術部部長

第4回:7月14日(木) 13:00~17:20

新たな技術とアプローチで
自動運転ビジネスに挑む

村松 英治 氏

13:00〜15:00

パイオニアが自動運転車用センサ市場への参入を目指す背景と狙い

講師:村松 英治 氏

パイオニア 自動運転事業開発部 技術研究部 部長

加藤 真平 氏

15:20〜17:20

完全自動運転のプラットフォームを目指す大学発ベンチャーの挑戦

講師:加藤 真平 氏

東京大学大学院 情報理工学系研究科准教授

第5回:7月26日(火) 13:00~17:20

自動運転で変わる
ビジネスモデルと法体系

山内 明 氏

13:00〜15:00

知財情報から読み解く自動運転時代の新ビジネスモデル

講師:山内 明 氏

三井物産戦略研究所 技術・イノベーション情報部 知的財産室 室長/弁理士/AIPE認定 シニア知的財産アナリスト

中山 幸二 氏

15:20〜17:20

自動運転を巡る法規制の最新動向

講師:中山 幸二 氏

明治大学法科大学院 専任教授

シーズン2次世代モビリティーがもたらす変革

2016年9月~11月開催 全5回

この数年間で、ライドシェアリングのベンチャーが世界各地で急成長しています。自動車産業界がこれまで「当たり前」と考えてきた「売り切り型」ビジネスモデルが大きく崩れる前兆と見るべきです。また、AppleやGoogleによるスマートフォンと車載機器との連携が、既存の自動車産業を切り崩す可能性が極めて高くなっています。今後、「クルマのIoT化」が益々進むなか、既存の自動車産業の従事者自身が時代変革に対応するべくフレキシブルな感性を持たなければなりません。また、ソフトウエア、通信事業業界といった事業者にとっては、大きなビジネスチャンスの到来に備えて大胆な企画発想が必要となります。シーズン2では、こうした時代変革を多元的な観点から、より具体的に分析し解説します。
主催 日経BP未来研究所/日経Automotive
会場 秋葉原UDXギャラリーネクスト
(東京・千代田区)
定員 50名(最少開催人員:20名)

詳細はこちら

第1回 9月23日(金) 13:00~17:20

ビッグデータのマネタイズ
「直営店率が高い、自動車メーカーの新たなる取組み」

ビッグデータのマネタイズ 「直営店率が高い、自動車メーカーの新たなる取組み」

メーカーによる直営店比率の高い2社から、IoT時代の新たなる事業戦略を聞く

元木 昭宏

13:00〜15:00

「コネクティビティーによる顧客体験の変革」

講師:元木 昭宏 氏

マツダ カスタマーサービス本部 主幹

岡田 稔明

15:20〜17:20

「スバルネクストストーリープロジェクトについて」

講師:岡田 稔明 氏

富士重工業 常務執行役員 経営企画部長

第2回 10月11日(火) 13:00~17:20

シェアリングエコノミーへの期待
「日本発の新ビジネスを見据えて」

シェアリングエコノミーへの期待「日本発の新ビジネスを見据えて」

IT業界や自動車関連インフラ事業者が新規ビジネスを次々実現。その実態を聞く

北島 昇

13:00〜15:00

「サブスクリプション×シェアリングエコノミーで実現する新たな顧客体験の実現」

講師:北島 昇 氏

ガリバー 執行役員 新規事業開発室室長

間地 信夫

15:20〜17:20

「快適なクルマ社会の実現」を目指して

講師:間地 信夫 氏

パーク24 モビリティ研究所 所長

第3回 10月21日(金) 13:00~17:20

ニューモビリティーに挑むベンチャー
「ゼロから生み出す新発想」

ニューモビリティーに挑むベンチャー「ゼロから生み出す新発想」

EVによる新規事業を展開し、自動車産業に新風を吹き込む企業の戦略を聞く

徳重 徹

13:00〜15:00

「新興国市場への挑戦」

講師:徳重 徹 氏

テラモーターズ代表取締役

伊藤 慎介

15:20〜17:20

「リモノが活躍する街の姿」

講師:伊藤 慎介 氏

rimOnO 創業者、CEO

第4回 11月7日(月) 13:00~17:20

次世代サービスをどう生み出す
「デファクトスタンダードの実態」

次世代サービスをどう生み出す「デファクトスタンダードの実態」

「クルマのIoT化」による新領域でのデファクト化。その実情を専門企業に聞く

大石 淳也

13:00〜15:00

「地図データの現状と自動運転実現を目指した動き」

講師:大石 淳也 氏

インクリメントP 新規事業開発部 第三グループ

村上 久幸 氏

15:20〜17:20

ドライバーのためのバーチャルアシスタント、「オートモーティブ・アシスタント」が実現する新しいドライビング体験

講師:村上 久幸 氏

ニュアンスコミュニケーションズジャパン オートモーティブビジネスユニット プリンシパルマーケティングマネージャー

第5回 11月21日(月) 13:00~17:20

街とモビリティー
「人とクルマをつなぐ現実的な利活用」

街とモビリティー「人とクルマをつなぐ現実的な利活用」

大手デベロッパーや行政関係者に「街づくりとクルマ」の将来ビジョンを聞く

東浦 亮典

13:00〜15:00

「人口減少、超高齢化時代の都市とモビリティーの関係性」

講師:東浦 亮典 氏

東京急行電鉄 都市創造本部 戦略事業部 副事業部長

奥田 修司

15:20〜17:20

自動走行の最近の動向と社会受容性について

講師:奥田 修司 氏

経済産業省 製造産業局 自動車課 電池・次世代技術・ITS推進室 室長

受講料

シーズン1 1回受講 ¥70,000(税込)
シーズン1 全5回受講 ¥300,000(税込)
シーズン1 全5回受講+レポート『自動運転の未来2016-2020』 ¥570,000(税込)
シーズン2 1回受講 ¥70,000(税込)
シーズン2 全5回受講 ¥300,000(税込)
シーズン2 全5回受講+レポート『自動車ロードマップ2050』 ¥570,000(税込)
シーズン1+2 10回受講 ¥540,000(税込)
シーズン1+2 全10回受講+レポート『自動運転の未来2016-2020』 ¥810,000(税込)
シーズン1+2 全10回受講+レポート『自動車ロードマップ2050』 ¥810,000(税込)

『自動運転の未来2016-2020』

※レポート『自動運転の未来2016-2020』

詳細はこちら

『自動車ロードマップ2050』

※レポート『自動車ロードマップ2050』

詳細はこちら

日経Automotive

※ 全5回、全10回のコースを通してお一方の受講をお勧めいたしますが、事情により開催日によって受講者が変更になる際は対応可能です。

※ 受講には「日経Automotive購読(1年12冊+最新号1冊、ただし1回受講コースの場合は半年6冊)」と無料メルマガ「日経Automotive NEWS」が含まれます。送本および配信開始は開催後になります。日経Automotiveを既にご購読中の方は期間延長も可能です。

次世代自動車ビジネス研究会・セミナー

お問合せはこちら

お申込みはこちら

パンフレットDownloadはこちら