• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

データヘルスとは

2014/03/26 10:34
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 特定健康診査(特定健診)や診療報酬明細書(レセプト)などから得られるデータの分析に基づいて実施する、効率のよい保険事業をデータヘルスと呼ぶ。厚生労働省は2015年度から、すべての健康保険組合に対してデータヘルス計画の作成と実施を求める。この方針は2013年6月に閣議決定された。

 この動きの背景にあるのは、高齢化や生活習慣病の増加に伴う医療費の高騰が社会問題となっていること。特定健診やレセプトの情報を活用することで、保険事業をより費用対効果の高いものにしていこうとするのがデータヘルスの狙いだ(図1)。

図1●理想的な保険事業のイメージ(厚生労働省の資料から抜粋)
[画像のクリックで拡大表示]

 ここ数年は、データヘルスの基盤となる医療関連データの電子化が進みつつある。例えばレセプトは段階的な電子化が義務付けられており、現状で全体の92%が電子化の対象となった。

 データヘルス計画の推進は、医療データの電子化をさらに加速させ、いわゆる“医療ビッグデータ”を生みだす素地ともなりそうだ。

【新刊】日経デジタルヘルス別冊

『医療ビッグデータ2016』
CD-ROMも同時発売


医療ビッグデータの“入口”から“出口”まで、という視点でこの1年の動きを1冊に。日経デジタルヘルスによる取材情報を中心に「全体動向」「実臨床・サービス」「データヘルス」「ウエアラブル」「データ解析」「プライバシー」の章に分類。2015年3月に開催した「医療ビッグデータ・サミット2015」の様子も最終章に掲載。詳細はこちら

2015年12月9日発行
A4変型判 196ページ
編集:日経デジタルヘルス

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング

新着記事