お薦めトピック

アプセサリーとは

2014/02/25 11:00
小谷 卓也=日経デジタルヘルス

 「スマホでヘルスケア」――。2013年夏、国民的人気アイドルグループを起用したテレビCMで、このフレーズが連呼された。

up
米Jawbone社の「UP」

 まるでブレスレッドやイヤリングといったアクセサリーのように、腕や耳に小型の専用端末を常時装着しておくだけで、日々の活動量や睡眠状態などを記録できる。このような端末が2013年になって続々と登場し、大きな話題を集めた。ソフトバンクモバイルの「Fitbit Flex」、米Jawbone社の「UP」、エムティーアイの「カラダフィット」などが、その好例だ。

 これらの端末の特徴は、単にアクセサリーのような外観だけではない。スマートフォンと簡単に連携できることである。利用者がほとんど意識することなく、身に着けた端末で測定したデータがスマートフォンに送られ、スマートフォンのアプリケーション・ソフトウエア(以下、アプリ)を利用して測定結果を見ることができる。冒頭のフレーズは、まさにこのような新たなヘルスケアのスタイルを表現したものだ。

 このように、スマートフォンのアプリと連動する携帯機器を「アプセサリー」と呼ぶことがある。アプリとアクセサリーを組み合わせた造語である。

新たな商品企画が可能に

 アプセサリーが続々と登場し始めるキッカケとなったのが、米Apple社の「iPhone 4S」である。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング