技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
三宅 常之=Tech-On!
2013/01/17 00:00
印刷用ページ

 動画データや音声データなどのコンテンツを通信事業者のサービスによらずに提供すること。Over The Topの略。例えば、動画サービスは「OTTビデオ」と呼ばれる。スマートフォンやパソコンで使われている「comm」「LINE」などのサービスは「OTTボイス」である。

 通信サービスにおいて、ISDNや携帯電話などの従来型からインターネット(IP)型が標準的になってきたことが、OTTの普及を加速している。従来型通信サービスでは、データ伝送方式に加え、コンテンツのやり取りの方法が標準化され、音声やテレビ電話のサービスを通信事業者が提供していた。例えば携帯電話では、音声やテレビ電話のサービスは従来型だった。OTTでは、音声や動画のサービスまでIP型で提供される。

 OTTの普及は、通信事業者と関連企業との力関係に変化を及ぼしている。OTT化が進むと、通信事業者はサービス収入を減らす。代わりにOTTボイスやOTTビデオを提供する事業者が収益機会を得る。もちろん通信事業者自身がOTTの事業者になる場合もある。ただし、かつてサービス提供は通信事業者が独占していたが、いまや誰にでも開かれた。さらに、通信事業者はデータ伝送の高速化に投資し続けなければ同業との競争に勝てず、この面でも通信事業者を劣勢にしている。

 2010年代に入って、テレビや映画のコンテンツをベンチャー企業が専用ハードウエアとともに、通信事業者の頭越しに提供する事例が多くみられる(関連記事)。ただし、これはOTTの黎明期といえる2010年代の状況である。収益機会を利益に結び付けて、継続的な事業ができる有力候補は、コンテンツ所有者だ。今後、コンテンツ所有者と、そのデジタル配信技術・経験を持つ電機メーカー・通信事業者との一層の連携は必然ではないか、と記者は考える。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング