• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器NE用語 > DiiVA

NE用語

DiiVA

ディーバ

  • 2009/07/14 00:00
  • 1/1ページ

 2009年4月末に「DiiVA 1.0」として正式に仕様が策定されたAV機器の映像/音声インタフェース規格。HDMIと同じく,非圧縮のHD映像を伝送できる。DiiVA対応機器は2010年ごろに登場する見込みである。なお,2009年6月時点での仕様は「DiiVA 1.0a」である。

 DiiVAを主導するのは,中国の主要AV機器メーカーである。加えて,中国の政府機関「中国工業和信息化部(MIIT)」や,業界団体である「CVIA」の支持も受けている。このため,「中国版HDMI」とも呼ばれる。中国メーカーだけでなく,韓国LG Electronics Inc.やパナソニック,韓国Samsung Electronics Co.,Ltd.,シャープといった韓国メーカーや日本メーカーも「Contributor」として加わっている。

 DiiVAは,映像伝送用の3対の信号線「Video Link」と,接続した機器同士を制御する信号などを双方向通信できる1対の信号線「Hybrid Link」がある。クロック信号を重畳し,8B/10Bで符号化してデータ伝送する。このため,クロック信号線は不要である。

 最大データ伝送速度に関しては,映像用の信号線1対当たりの最大データ伝送速度は4.5Gビット/秒で,3対で13.5Gビット/秒。双方向通信用の信号線は,片方向で2.13Gビット/秒の速度を稼ぎ出す。

 DiiVAは,複数の機器で,コンテンツを共有するネットワーク機能も備える。デイジーチェーン型やスター型などのトポロジーに対応する。ネットワーク上にある複数の機器を経由しながら,非圧縮のHD映像を伝送できる。最大伝送距離は25mと長い。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓