• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

DiiVAとは

ディーバ

2009/07/14 00:00
1/1ページ

 2009年4月末に「DiiVA 1.0」として正式に仕様が策定されたAV機器の映像/音声インタフェース規格。HDMIと同じく,非圧縮のHD映像を伝送できる。DiiVA対応機器は2010年ごろに登場する見込みである。なお,2009年6月時点での仕様は「DiiVA 1.0a」である。

 DiiVAを主導するのは,中国の主要AV機器メーカーである。加えて,中国の政府機関「中国工業和信息化部(MIIT)」や,業界団体である「CVIA」の支持も受けている。このため,「中国版HDMI」とも呼ばれる。中国メーカーだけでなく,韓国LG Electronics Inc.やパナソニック,韓国Samsung Electronics Co.,Ltd.,シャープといった韓国メーカーや日本メーカーも「Contributor」として加わっている。

 DiiVAは,映像伝送用の3対の信号線「Video Link」と,接続した機器同士を制御する信号などを双方向通信できる1対の信号線「Hybrid Link」がある。クロック信号を重畳し,8B/10Bで符号化してデータ伝送する。このため,クロック信号線は不要である。

 最大データ伝送速度に関しては,映像用の信号線1対当たりの最大データ伝送速度は4.5Gビット/秒で,3対で13.5Gビット/秒。双方向通信用の信号線は,片方向で2.13Gビット/秒の速度を稼ぎ出す。

 DiiVAは,複数の機器で,コンテンツを共有するネットワーク機能も備える。デイジーチェーン型やスター型などのトポロジーに対応する。ネットワーク上にある複数の機器を経由しながら,非圧縮のHD映像を伝送できる。最大伝送距離は25mと長い。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング