家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

電子書籍端末とは

デンシショセキタンマツ

2009/06/30 09:00
印刷用ページ

 新聞や雑誌,小説といった書籍を,テキスト・データや画像データなどに電子化した「電子書籍コンテンツ」を読むための端末。

 電子書籍端末には,米Amazon.com,Inc.の「Kindle」やソニーの「Reader」といった専用端末がある。KindleやReader以外にも,世界では数多くの専用端末が販売されている。しかし,電子書籍端末は,こうした専用端末だけに限らない。携帯電話機やスマートフォン,電子辞書,ネットブック,携帯型ゲーム機なども選択肢となり得る。2009年5月に,Kindle用の電子書籍コンテンツを米Apple Inc.のiPhoneからも購入できるようになったことは,それを端的に示している。

 「読みやすさ」や「携帯性」などのバランスを考えると,電子書籍端末として候補になるのは画面寸法で3型強~11型強の範囲に存在する端末になりそうだ。ただし,それぞれの端末には利点と欠点がある。このため,どれか一つに絞られていくわけでなく,それぞれの機器が並存することになるとみられる。どの端末が選ばれるかは,コンテンツやサービスの事業者のニーズと,ユーザーのニーズの両面で決まる。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング