• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメントNE用語 > BMI

NE用語

BMI

ブレーンマシンインタフェース

  • 2009/04/30 09:00
  • 1/1ページ
brain machine interface

 脳の信号を直接読み取り,それを使ってコンピュータや機械を操作する技術である。BMIを利用すれば,例えば四肢が麻痺するなどの病気で苦しむ患者に対して,周囲の機器を制御する能力を付与できる。こうした,脳から機械への信号の伝達という,片方向のインタフェースだけでなく,機械に付けたセンサなどの情報を脳の感覚野に伝える研究も始まっている。既に視覚や聴覚については成果が上がりつつある。

 医療現場でのBMI研究が進めば,将来は健常者に向けた製品やシステムが登場する可能性がある。米国では国防分野に向けた応用を狙う動きがある。脳内にチップを埋め込んだ研究の知見によって,頭にかぶせたセンサで取得した脳波を用い,外部の機器を制御する方式の改良が進みそうだ。このほか,BMIはビデオ・ゲームなどへの適用も視野に入る。

トップページへ

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓