• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメントNE用語 > BMI

NE用語

BMI

ブレーンマシンインタフェース

  • 2009/04/30 09:00
  • 1/1ページ
brain machine interface

 脳の信号を直接読み取り,それを使ってコンピュータや機械を操作する技術である。BMIを利用すれば,例えば四肢が麻痺するなどの病気で苦しむ患者に対して,周囲の機器を制御する能力を付与できる。こうした,脳から機械への信号の伝達という,片方向のインタフェースだけでなく,機械に付けたセンサなどの情報を脳の感覚野に伝える研究も始まっている。既に視覚や聴覚については成果が上がりつつある。

 医療現場でのBMI研究が進めば,将来は健常者に向けた製品やシステムが登場する可能性がある。米国では国防分野に向けた応用を狙う動きがある。脳内にチップを埋め込んだ研究の知見によって,頭にかぶせたセンサで取得した脳波を用い,外部の機器を制御する方式の改良が進みそうだ。このほか,BMIはビデオ・ゲームなどへの適用も視野に入る。

【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓