EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

LSI設計とEDA用語辞典とは

LSI design and the EDA Dictionary

2009/03/19 20:00
印刷用ページ

 高い集積度を持つ高性能なLSI(large scale integration)を設計するためには,EDA(electronic design automation)技術を用いることが必須である。EDA技術の歴史は長く,LSIの設計手法の進化と製造技術の微細化に伴って対象とする領域も広がり,要求される最適化能力や精度も高水準になってきた。

 この改訂版EDA用語辞典では,LSIの設計に用いるEDA技術に関連する各種の用語を解説する。用語は8つのカテゴリ(部)に分けた(図1)。各カテゴリのカバー範囲は以下の通りである。

図1 LSI設計フローとEDA用語
出典は大阪大学と日経BP。
[画像のクリックで拡大表示]

 「システム・レベル設計・検証」のでは,LSIの設計フローの最上流に対応する,システム・レベルでの設計・検証に関連した用語の解説を行う。「機能設計・検証」では,デジタル回路の論理設計と検証に関連した用語について解説する。「回路設計・検証」では,アナログ回路の設計と検証に関連した用語を扱う。「物理設計・検証」では,LSIのレイアウト設計と検証に関連した用語を解説する。

 さらに,「タイミング設計・検証」では、遅延時間に関連した設計と検証、「低消費電力設計」では、LSIの低消費電力化に関連した用語の解説を行う。また,「テスト設計」では,製造後にLSIの良品/不良品の選別を行うテストに関係した用語に関して説明している。

 この用語辞典の特徴の一つは,EDA技術の「標準化」に関連した用語も解説している点である。EDA技術の標準化は,複数のEDAツールの間で設計データの交換を円滑に行うために必要である。また,EDA技術に対しては,システム・レベル設計,機能設計,物理設計,テスト設計など多岐にわたるエンジニアや研究者が関係を持つ。EDA技術の標準化は,これらのエンジニアや研究者が共通のインタフェースで設計情報を交換するためにも重要な役割を果たしている。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング