技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

パテント・トロールとは

パテントトロール

2009/03/19 09:00
印刷用ページ

patent troll

 自らが保有する特許に抵触している大手企業などを見つけ出して巨額の賠償金やライセンス料の取得を狙う企業や個人を,批判的な意味を込めて呼ぶ場合にしばしば使われる言葉。特に,特許権を個人の発明家や企業などから買い取ったり,特許のオークション市場を利用したりすることで特許権を取得する企業などを,パテント・トロールと呼ぶ場合が多い。ただし,明確な定義はない。総じて,業界の調和を乱すような形で特許収入を得ようとする企業や個人を表現していると言える。トロールとは,北欧の伝承に登場する奇怪な妖精のことである。

 似た言葉に,「NPE(non-performing entities,非遂行事業体)」がある。NPEは,特許権を受けた発明を実施しない企業や個人のこと。特許権を互いに許諾し合うクロスライセンスを結ぶことができないため,巨額のライセンス契約が必要になる可能性がある。NPEに当たる企業や個人をパテント・トロールと表現するケースもあるが,研究機関や大学など,特許発明を原則実施しない機関がライセンス契約を要求する場合もあり,一概には言えないのが現状である。

 パテント・トロールへの対策として,例えば特許プールによって多数派を組織する方法がある。個別にライセンス交渉することが「割に合わない」と特許権者に思わせることを狙っている。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング