家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

ピコ・プロジェクターとは

ピコプロジェクター

2009/03/17 09:00
印刷用ページ

 携帯機器への搭載を狙った非常に小さいプロジェクターのこと。プロジェクターを小さくするために,光源に従来のUHPランプの代わりにLED,あるいはレーザを用いて,電源回路や放熱機構を簡素化したり,光学系を小型化したりしている。LEDを光源とする「ポケット・プロジェクター」は2006年から存在したが,当時は高価な上,消費電力がまだ大きく,実用性が低かった。

 表示素子は通常のプロジェクターと同じ,液晶パネルやDMD(digital micro mirror device)の小型版である。今後は,MEMSミラーを表示素子に使った製品の登場も期待される

 2008年末には,米3M社や台湾Optoma Corp.などが小型で電池駆動の外付けプロジェクターを製品化した。韓国Samsung Electronics Co., Ltd.は,プロジェクターを内蔵した携帯電話機を2009年2月に発表している。いずれも光源にはLEDを採用する。レーザを光源とするピコ・プロジェクターの開発も進んでいるが,2009年2月時点ではまだ製品化されていない。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング