技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

R-Mapとは

アールマップ

2009/02/03 09:00
印刷用ページ

 製品や設備,環境などの状況から,起こりうる危害
の程度と発生頻度を推定し,危険の大きさを評価するリスク・アセスメントの手法の一つ。R-Mapには,リスクを定量評価し,社会的に許容されるか否かを視覚的に判断しやすいという特徴がある。

 2008年に経済産業省は「電気用品安全法」や「消費生活用製品安全法」などのいわゆる製品安全4法を改正し,開発設計段階でのリスク・アセスメントの実施を義務付ける方針を表明した。同省は,R-Mapの導入を想定している。

 R-Mapは,縦軸を「発生頻度」,横軸を「危害の程度」としたマトリクス状のマップでリスクの大きさを表す(図)。リスクの大きさを,受け入れられないリスク「A」,原則は許容されないがコストや効用によって認める「B」,許容可能な「C」の三つに大別し,AやBのリスクが,Cになるまで対策と評価を繰り返す。

 リスクの抽出には,これまでも製品設計でよく利用されてきた,FMEA(failure mode and effects analysis)やFTA(fault tree analysis),ETA(event tree analysis)といった信頼性解析手法などを併用する場合もある。


危害の程度と発生頻度から,リスクの大きさを評価する。リスクが大きい(AやB)場合は,対策を検討して社会的に許容されるレベル(C)にまで低減させる。 (画像のクリックで拡大)
【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング