• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計改訂版EDA用語辞典 > 機能設計・検証

改訂版EDA用語辞典

機能設計・検証

functional design・verification

  • 2009/03/19 20:00
  • 1/1ページ

改訂版EDA用語辞典とは・著者一覧

 機能設計・検証の工程では,まず,仕様書をベースにハードウェア記述言語を使ってRTL設計データ(コード)を人手作成する(図1)。最近は,動作合成を使って,RTLコードを自動的に作成するケースが増えている。次に,このコードについて,機能的な確からしさ,性能的な確からしさ,コーディング品質をチェック(検証)する。そして,RTLコードに論理合成を適用してネットリストを得る。このネットリストとRTLコードの間で等価性をフォーマル検証(等価性検証)で確かめる。

図1 機能設計・検証の工程
出典はJEITA。
[画像のクリックで拡大表示]

 上述したRTLコードの機能的な確からしさや,性能的な確からしさは,多くの場合,論理シミュレーションを使って検証する。その際に,論理エミュレーションプロトタイピングを併用して処理速度を向上させるケースが増えている。また論理シミュレーションの際に,アサーション記述を含めたテストベンチを利用すると効率のよい検証(アサーション・ベース検証)が実施できる。

 論理シミュレーションに加えて,フォーマル検証(プロパティ・チェッキング)を実施する例が増加している。プロパティ・チェッキングでは,仕様書の内容をプロパティ記述言語で表現し,その内容がRTLコードに反映されているかチェックする。機能・性能以外の品質検査としては,非同期検証コーディング・スタイル・チェックがある。

 検証が十分に行われたかどうかは重要な課題である。その十分性を図る尺度として,各種の検証カバレッジが定義されている。カバレッジをチェックしながら,検証作業を進めることで,検証の効率化が図れる。

機能検証手法の規格化が進む

 従来,機能検証は各社各様に立案され実施されてきた。最近,検証手法を規格化して,検証品質を向上させ,かつ検証作業の効率化を目指す動きが盛んになってきた。

 現在,よく知られている検証手法は二つある。一つは英ARM Ltd.と米Synopsys, Inc.が策定した「VMM(Verification Methodology Manual)」。もう一つは,米Cadence Design Systems, Inc.と米Mentor Graphics Corp.が策定した「 OVM(Open Verification Methodology)」である。どちらも,検証記述言語としてSystemVerilogを使う。

 検証手法の規格化と共に,検証効率化のために,検証の手順や検証用データを再利用するための,検証ライブラリ(検証IP)が登場している。これらもかつては各社各様だったが,最近,規格化の動きが出てきた。例えば,米Accelleraは, VIP-TSC(Verification Intellectual Property Technical Subcommittee)を2008年5月に設置し,検証IPや検証ライブラリの標準化を進めている。これにより,検証IPや検証ライブラリのインタオペラビリティ(相互運用性)が高まると期待されている。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ