EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

システム設計・検証とは

system level design,verification

2009/03/19 20:00
印刷用ページ

改訂版EDA用語辞典とは・著者一覧

 LSIのシステム・レベル設計・検証は,大きく二つのフェーズに分けることができる。「システム設計フェーズ」と「アーキテクチャ設計フェーズ」である。

 前者のシステム設計フェーズでは,顧客要求やマーケティングによる市場分析から要求仕様を抽出し,標準化団体等で策定している標準規格の下で,システム要件をまとめるのが最初の仕事である(図1)。この時,UML(Unified Modeling Language)のようなシステム・レベル記述言語を用いることが多い。この後,機能仕様書と性能仕様書を作成し,さらに機能モデルと性能モデルを作る。

図1 システム・レベル設計工程
出典はJEITA。
[画像のクリックで拡大表示]

 そしてシステム・レベルの機能検証と性能検証を実行する。機能モデルや性能モデルは,従来,各社各様に作成されており相互運用性が低かった。最近,OSCI(Open SystemC Initiative)がトランザクション・レベルモデリング(TLM:Transaction Level Modeling)を策定したことにより,標準化が進んでいる。

 一方,後者のアーキテクチャ設計フェーズでは,機能検証と性能検証の結果に基づいて,実装(後段の設計)のためのアーキテクチャ・マッピングやハードウェア・ソフトウェアの分割作業を行う。この時,ハードウェア・ソフトウェア協調設計ツールやプラットフォーム・ベース設計手法を利用するケースが増えている。また, ASIP(application specific instruction-set processor)を利用する場合もある。

 これらの作業と並行して,アルゴリズムに関しても作業を進める。すなわち,実装のためにアルゴリズムの詳細化や最適化を行い,ハードウェア実装モデルやソフトウェア実装モデルを作成する。この段階でもハードウェア・ソフトウェア協調設計ツールを利用し,実装が正しいかどうかシステム・レベルで確認を行う。ハードウェア実装モデルは動作合成可能なレベルにまで詳細化されており,動作合成を使ってRTL(register transfer level)コードを生成するケースが増えている。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング