電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

HALTとは

ハルト

2008/12/09 09:00
印刷用ページ
(highly accelerated life testing)

 エレクトロニクス機器に激しい温度変化と強い振動を与え,意図的に壊すことで,機器に内在する欠陥を探る試験手法。一般的な温度サイクル試験のように機器の使用環境を模擬するのではなく,壊すことを目的に,むき出しにしたプリント基板上に熱風や冷風を直接吹き付け,同時に強烈な振動を加える。見つかった欠陥に対し,機器の開発段階で対策を施すことで,出荷後の市場での故障率を低減できる可能性がある。合否判定のための試験ではなく,機器設計のためのツールという位置付けになる。

 HALTの利点は,DVT(design verification testing)を繰り返す従来の手法に比べて機器の開発期間を短縮し,量産出荷時期を前倒しすることができる点である。さらに,機器の弱点を事前に対策しておくことで市場での不具合も減らせる可能性がある。これによって,量産出荷後の不具合対策に掛かるコストを削減できる。

 DVTは高温高湿試験や振動試験などの複数の環境試験から成り,試験時間は1種類で数百時間,全体では数カ月に及ぶ。この際,途中で不具合が見つかると,機器を改良した後に再び試験をやり直す必要がある。これらの繰り返し回数は機器によって異なるものの,既存品を改良する場合で数回,新規に開発する製品では数十回に上るという。

 一方,HALTは強い環境ストレスを機器に与えるため,3~5日という短期間で機器の弱点を洗い出せる。加えて,弱点を事前に対策しておくことで,DVTの繰り返し回数を大幅に削減できる可能性がある。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング