技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

EuP指令とは

イーユーピーシレイ

2008/07/22 09:30
印刷用ページ

 電気や石油,ガスなどエネルギーを使う製品のライフサイクルにおける環境負荷の評価とその低減を狙った欧州の環境規制である。EuPは,Directive on Eco-Design of Energy-using Productsの略。CEマークの取得要件となる。環境負荷の大半が設計時に決まってしまうことから,環境に配慮した設計を促すことを主目的としている。対象となるのは「深刻な環境影響がある」「環境影響に大幅な改善の余地がある」「EU内で相当の取引量(目安は20万個以上)がある」の条件を満たす製品や部品。輸送機器は除外されており,電機・電子機器が主体となる。

 EuP指令は,一般要求事項と特定要求事項の二つの要求から成るのが特徴である(図)。前者はライフサイクルにおける環境負荷すなわち実質的にLCAを求めたもの。その結果は「エコロジカル・プロファイル」として保持し,必要に応じて消費者や欧州委員会に開示しなければならない。一方,特定要求事項は使用時の電力などの環境負荷を定量的に規制する。

 同指令は既に発効されているが,基本的事項だけを要求する「枠組み指令」のため,製品品目ごとの具体的な規制内容である「実施措置」が決まってから運用される。現在,製品品目ごとの実施措置の検討が大詰めに入っており,2008年末から2009年にかけて順次採択される見通しである。

図 EuP指令の構造
図 EuP指令の構造
[クリックすると拡大した画像が開きます]
【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング