技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

ダビング10とは

ダビング10

山田 剛良=日経エレクトロニクス
2008/06/02 09:00
印刷用ページ

存在しない制御フラグを「あり」と見なして運用

 地上デジタル放送(地デジ)などの無料テレビ放送で運用されている著作権保護ルール「コピーワンス」を緩和する方策として,総務省の情報通信審議会が2007年8月に導入を提案した手法である。

 録画した番組を,ほかの媒体に移す「ムーブ」だけしか許さないコピーワンスに対し,ダビング10は一つの録画に対して9回までの複製と,ムーブ1回を可能にする。9+1=10で,ダビング10だ。

放送局は設備の改修をせず放送波もそのまま

 ダビング10導入に合わせて,デジタル放送推進協議会(Dpa)は2008年2月7日,放送運用規定の改訂案を公開した。改訂のポイントは二つある。まず,ダビング10に非対応の録画機で,ダビング10番組がコピーワンスで扱われるようにすること。もう一つは,導入をできるだけ急ぐために,放送局の設備改修を最小限にすることである。

 一つ目の条件から,放送波に多重して送るコピー制御信号(CCI)のうち,録画の扱いを決める2ビットの制御フラグ「digital_recording_control_data」を,ダビング10でもコピーワンスと同じ「1世代のみコピー可」とした。これで非対応機は,ダビング10番組をコピーワンスと解釈して動作する。加えて,ダビング10適用を示す1ビットのフラグ「copy_restriction_mode」をCCIに新設した。ダビング10対応機はこのビットを読み取り,「1」であればダビング10番組,「0」であればコピーワンス番組と判断する。

 だがこのままでは,ダビング10番組を放送するすべての放送局が「copy_restriction_mode」を送れるように放送設備を改修する必要がある。そこで,このフラグのデフォルトを1と規定した。こうすればダビング10番組は,放送局がcopy_restriction_modeを含まないこれまでと同じ放送波を送るだけで,録画機側がダビング10と解釈する。ダビング10導入後も一部コピーワンス番組を続けるWOWOWなどの有料放送局だけが設備を改修すれば済む。

 このように,ダビング10への運用切り替えはほぼ,録画機側の対応だけで行われる。メーカー各社は,放送波を使ったファームウエアのアップデートなどでダビング10に対応させる方式を採った。これは,導入予定日より前に機器のダビング10対応機能が作動して,コピーワンス番組をダビング10番組と誤認識する事態を避けるためだ。日立製作所や東芝は2008年6月に発売する新製品に関しても,アップデートによる対応を行う。


放送波に多重するコピー制御信号の「コンテント利用記述子」に,「copy_restriction_mode」と呼ぶダビング10用の1ビットの制御フラグが新設された。ただし,運用切り替えのXデー以降も地デジなどの無料放送はこの信号を付加せず放送し,録画機側で「1(OK)」と見なすことでダビング10として運用する。放送局側の改修を最小限にすることを狙った。

日経エレクトロニクス2008年6月2日号より

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング