電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

MEMSセンサとは

メムスセンサ

2008/06/12 09:25
印刷用ページ

 MEMSセンサは,半導体の微細加工技術を応用して作る。成膜,露光,エッチングといった技術を使い,化学反応や熱処理を利用して作る。従来のセンサと比較して欠点が少なく,扱いやすさと,特性面の潜在能力の高さを同時に備える。

 MEMSセンサは半導体素子と同じく,一般に寸法を小さくすると感度や精度が向上する。半導体プロセスで作るので,従来のセンサでは困難だった,電子回路との1チップ化が可能である。こうするとセンサ素子と,取り込んだ信号を処理する電子回路を1チップ化し,両者をつなぐ配線を短くすることによって雑音の混入を防げる。特性の違うセンサ素子を複数組み合わせて,検出範囲を広げたり,大量のセンサをアレイ状に並べて分布に関する情報を取り込んだりする用途も比較的簡単に実現できる。

 現在,MEMSセンサは民生機器での応用が急拡大している。例えば,加速度センサが任天堂のゲーム機「Wii」のコントローラに,角速度センサ(ジャイロ・センサ)がデジタル・カメラの手振れ補正に,Siマイクがノート・パソコンにそれぞれ応用されている。
 
 現時点ではまだ,力学的な情報を取り込む製品が中心である。次世代の用途として,ガス・センサや生物センサなどが研究開発の段階にあり,検出対象が拡大しつつある。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング