家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

DRMとは

ディーアールエム

2008/03/13 09:30
印刷用ページ
digital rights management

 コンテンツを暗号化し,視聴が許可されたユーザーや機器だけがそのコンテンツを再生できるようにする技術。デジタル・コンテンツの権利者利益を守る技術として用いられる。

 DRM技術は主に3種類に分類できる。一つは,光ディスクやメモリ・カードなどが持つID情報などで媒体を認証し,それに基づく鍵で媒体上のデータを暗号化する方式。DVD-RやSDメモリーカードに使う「CPRM」,次世代光ディスクに使う「AACS」などがある。

 二つめは,デジタル・インタフェースや放送波などの通信経路を通るデータを,機器の認証に基づいて暗号化する方式。国内の地上/BSデジタル放送が採用する「B-CAS」のように共通鍵を利用するもの,「DTCP」や「HDCP」のようにセッション用の鍵をその都度生成するものがある。地上デジタル放送の「コピー・ワンス」や「ダビング10」は,ここまでの2種類の技術を連携させて実現している。

 最後の一つは,米Apple Inc.の「iPod」が採用している「FairPlay」や,米Microsoft Corp.の「Windows Media DRM」のように,ユーザーや機器の認証に基づく鍵でコンテンツを暗号化し,それを格納したファイルを伝送する方式。機器やユーザーがコンテンツを視聴する権限を持っているかどうかを,ファイルを開くたびに確認し,権限を持っているときだけ視聴できるようにする。


DRM技術の分類(日経エレクトロニクス2008年3月10日号より抜粋) (画像のクリックで拡大)
【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング