• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計NE用語 > モデル・ベース開発

NE用語

モデル・ベース開発

モデルベースカイハツ

  • 2008/01/08 09:30
  • 1/1ページ

 ソフトウエアを開発する際に,ソース・コードを中心にした開発ではなく,設計図を中心にした開発のこと。

 最終成果物であるソース・コードを無計画に書き始めるのではなく,まずはソフトウエアで実装したい機能を図で整理したり,あるいはシミュレーションによってソフトウエアの動作をあらかじめ確認したりすることで,設計者自身の思考を整理し,設計そのものを改善するための取り組みである。

 ソフトウエアの構造を可視化することで,同じソフトウエアを他の機種で再利用する際,どこが再利用できて,どこを変えるべきかといった具体的な議論がしやすくなる。さらに,設計図から自動的にソース・コードを生成するなど,これまでのソフトウエアの開発体制を一新する可能性を秘めている。


モデル・ベース開発により記述の抽象度を設計図の段階に高めることで,他の開発メンバーがソフトウエアの構造を理解できるようになる。一昔前の小規模な組み込みソフトウエアであれば,設計者本人でなくともソース・コードを見れば全体構造が分かった。大規模化した現在は,ソース・コードを見ても全体構造を把握することは難しい。 (画像のクリックで拡大)
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓