• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

モデル・ベース開発とは

モデルベースカイハツ

2008/01/08 09:30
1/1ページ

 ソフトウエアを開発する際に,ソース・コードを中心にした開発ではなく,設計図を中心にした開発のこと。

 最終成果物であるソース・コードを無計画に書き始めるのではなく,まずはソフトウエアで実装したい機能を図で整理したり,あるいはシミュレーションによってソフトウエアの動作をあらかじめ確認したりすることで,設計者自身の思考を整理し,設計そのものを改善するための取り組みである。

 ソフトウエアの構造を可視化することで,同じソフトウエアを他の機種で再利用する際,どこが再利用できて,どこを変えるべきかといった具体的な議論がしやすくなる。さらに,設計図から自動的にソース・コードを生成するなど,これまでのソフトウエアの開発体制を一新する可能性を秘めている。


モデル・ベース開発により記述の抽象度を設計図の段階に高めることで,他の開発メンバーがソフトウエアの構造を理解できるようになる。一昔前の小規模な組み込みソフトウエアであれば,設計者本人でなくともソース・コードを見れば全体構造が分かった。大規模化した現在は,ソース・コードを見ても全体構造を把握することは難しい。 (画像のクリックで拡大)
【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング