• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器NE用語 > ボディ・エリア・ネットワーク(BAN)

NE用語

ボディ・エリア・ネットワーク(BAN)

ボディエリアネットワーク

  • 2007/04/26 09:30
  • 1/1ページ

 医療やヘルスケアなどに向けた,非常に近距離の無線通信ネットワークがボディ・エリア・ネットワーク(BAN)と呼ばれ始めた。身に着ける機器(ウエアラブル機器)を中心とする場合と,体内埋め込み機器(インプラント機器)までも接続対象に含める場合の二つがある。例えばインプラント機器への利用も含めたBANの通信規格作りを進めているIEEE802.15委員会のMedical BAN作業部会では,1ネットワーク当たり最大100台の機器が接続するようなネットワークに成り得るシステムの実用化を目指している。
 
 このほか近距離の無線通信技術では,「PAN(personal area network)」という概念が既にある。BANは,さらに人体に近い部分で利用する機器,および人体内で利用する機器を使用するものとして,区別するという。ただし,定義の境界はあいまいな面もある。

ボディ・エリア・ネットワークとは

ボディ・エリア・ネットワークとは(日経エレクトロニクス2007年4月23日号より抜粋)

  • 医療・ヘルスケアがワイヤレスを進化させる(2007年4月23日号の特集)
  • 携帯電話からパソコン,デジタル家電向けまでワイヤレス規格の最新動向と実現技術を理解する(2007年4月9日号のNEプラス)
  • 半導体 世界再編(2006年1月16日号のCover Story)
  • 【技術者塾】(6/3開催)
    センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


    センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
    日程 : 2016年6月3日
    会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
    主催 : 日経エレクトロニクス

    おすすめ