• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

ボディ・エリア・ネットワーク(BAN)とは

ボディエリアネットワーク

2007/04/26 09:30
1/1ページ

 医療やヘルスケアなどに向けた,非常に近距離の無線通信ネットワークがボディ・エリア・ネットワーク(BAN)と呼ばれ始めた。身に着ける機器(ウエアラブル機器)を中心とする場合と,体内埋め込み機器(インプラント機器)までも接続対象に含める場合の二つがある。例えばインプラント機器への利用も含めたBANの通信規格作りを進めているIEEE802.15委員会のMedical BAN作業部会では,1ネットワーク当たり最大100台の機器が接続するようなネットワークに成り得るシステムの実用化を目指している。
 
 このほか近距離の無線通信技術では,「PAN(personal area network)」という概念が既にある。BANは,さらに人体に近い部分で利用する機器,および人体内で利用する機器を使用するものとして,区別するという。ただし,定義の境界はあいまいな面もある。

ボディ・エリア・ネットワークとは

ボディ・エリア・ネットワークとは(日経エレクトロニクス2007年4月23日号より抜粋)

  • 医療・ヘルスケアがワイヤレスを進化させる(2007年4月23日号の特集)
  • 携帯電話からパソコン,デジタル家電向けまでワイヤレス規格の最新動向と実現技術を理解する(2007年4月9日号のNEプラス)
  • 半導体 世界再編(2006年1月16日号のCover Story)
  • 【技術者塾】(2/23開催)
    シグナル/パワーインテグリティーとEMC

    〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


    本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
    日程 : 2016年2月23日
    会場 : 化学会館
    主催 : 日経エレクトロニクス
    印刷用ページ
    コメントする
    コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
    ※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

    マイページ

    マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

    マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

    協力メディア&
    関連サイト

    • 日経エレクトロニクス
    • 日経ものづくり
    • 日経Automotive
    • 日経デジタルヘルス
    • メガソーラービジネス
    • 明日をつむぐテクノロジー
    • 新・公民連携最前線
    • 技術者塾
    • スポーツイノベイターズオンライン

    Follow Us

    • Facebook
    • Twitter
    • RSS

    お薦めトピック

    日経テクノロジーオンラインSpecial

    記事ランキング