アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

POLコンバータとは

ピーオーエルコンバータ

2007/03/29 09:30
印刷用ページ

POL:point of load

 FPGAやASICなどのLSIの近傍に専用の電源回路として配置するDC-DCコンバータ。LSIと電源回路の距離を1cm前後にすることができ,電源線の抵抗成分が減るので静的な電圧降下を抑制可能である。さらにインダクタ成分も削減できるため,チップの動作によって電流量が大きく変化しても,これに伴う電圧の変動を小さく抑え込める。このため,応答速度の速さが必要な電源に利用される。LSIの近くに実装するため,小型化要求が高い。POLはpoint of loadの略。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング