• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計DFM/SSTA用語辞典 > 分布関数(累積分布関数)

DFM/SSTA用語辞典

分布関数(累積分布関数)

ブンプカンスウ(ルイセキブンプカンスウ)

  • 2007/03/16 15:40
  • 1/1ページ
cumulative distribution function, distribution function

 確率変数Xがx以下の値をとる確率を確率変数Xの分布関数という。CDFという略称で呼ばれることも多い。

 このような場合、「確率変数Xは分布F(x)に従う」といい,次のように表記する。

 例えば,確率変数Xが平均μ,標準偏差σの正規分布に従うとき,これは「X~N(μ,σ2)」と書く。

分布関数、密度関数、同時密度関数の例

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓