• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログNE用語 > フラッシュ型A-D変換器

NE用語

フラッシュ型A-D変換器

フラッシュガタエーディーヘンカンキ

  • 2006/11/16 09:30
  • 1/1ページ

 A-D変換器の一種。多数のコンパレータ(比較器)を並列に並べてアナログの入力信号を,基準信号と一斉に比較する。一回の比較でアナログ値をデジタル値に変換することができる。並列型,並列比較型などと呼ぶ場合もある。

 コンパレータ(比較器)と,参照信号を出力する抵抗のラダー回路で構成しており,オペアンプを利用しないで構成できる。コンパレータにおいて,アナログの入力信号と参照信号の信号レベルを大小比較し,「1」または「0」を出力する。コンパレータを多数並列に並べることで,測定の分解能を高める。一般に,分解能がnビットの場合には,2n-1個のコンパレータが必要になる。また分解能に合わせて,ステップ幅の小さい参照信号を用意する必要がある。このため,分解能を高める際には,コンパレータのオフセット電圧と,抵抗の相対精度が課題となる。

 フラッシュ型A-D変換器は分解能を高めようとすると多数のコンパレータが必要となり,回路規模および消費電力が増大するという課題があった。ところがCMOSプロセスの微細化が進んだことで,ハードルが下がった。コンパレータとデジタル回路だけで実現するというシンプルな構成のため,プロセス微細化によってコンパレータの動作速度を高めることなどによって,標本化速度の高速化や広帯域化を図れる。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓