TDCとは

ティーディーシー

2006/11/07 09:30
印刷用ページ

time to digital converter

 計測対象となる信号の時間というアナログ情報を量子化してデジタル出力するコンバータのこと。基準信号からイベント発生までの時間や,二つのパルス間の時間などを測定できる。PLL周波数シンセサイザやA-D変換器などへ応用できる。

 TDCの特徴は,時間分解能が極めて高いことである。例えば180nmプロセスの場合では10ps,90nmでは数ps以下の分解能で二つの信号の時間差をデジタル・データで表現できる。さらにTDCは,回路の大部分をインバータ回路やフリップ・フロップといったデジタル制御回路で構成するため,微細なCMOS技術を適用しやすい

 TDCの応用例としては,米Texas Instruments Inc.がPLにおける位相のズレを検出する回路にTDCを適用した「ADPLL」がある。

表1 TDCの優位性
(日経エレクトロニクス2006年11月6日号より抜粋)
表1 TDCの優位性

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング