• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器NE用語 > IEEE802.11p

NE用語

IEEE802.11p

アイトリプルイーアチマルニテンイチイチピー

  • 2006/05/22 09:30
  • 1/1ページ

 IEEE802.11aをベースにした5.9GHz帯を利用した無線LAN規格。現在策定中で,2007年1月には仕様が固まる予定。欧米を中心に自動車専用の無線通信として,路車間通信や車車間通信で採用される見込みである。IEEE802.11aと同じく無線アクセス方式にはCSMA方式,変調方式にはOFDM方式を利用するもようだ。

 日本で実用化を進めている車車間通信向けDSRCも,無線アクセス方式にCSMA方式を採用しようとしている。そのため,最終的には周波数帯と占有帯域が違うだけで,日本のDSRCとIEEE802.11pの仕様が非常に似たものになる場合もある。そうなると,欧米が利用するIEEE802.11pは汎用性で勝ることから,将来的には日本でもIEEE802.11pの通信プロトコルを利用することが検討課題に挙がるかもしれない。

図 多様化する可能性がある自動車向け無線通信
図 多様化する可能性がある自動車向け無線通信(日経エレクトロニクス2006年5月8日号より抜粋)

【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ