• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメントものづくり用語 > 荷重たわみ温度

ものづくり用語

荷重たわみ温度

カジュウタワミオンド

  • 1995/04/27 11:45
  • 1/1ページ
HDT

 材料の物理的な耐熱性を基本とした工業的指標。ASTMの規格が標準となっている(JISもASTM準拠)。

 加熱浴槽中で試験片に3点荷重によって1.82MPa(18.6kgf/cm2)または0.46MPa(4.7kgf/cm2)の荷重を加え,2℃/minで温度を上げていく。すると,一般に非測定材料の機械的強度が下がるので試験片は徐々にたわむ。この変位量が0.254mmに達する温度を「荷重たわみ温度」とする。熱変形温度,加熱変形温度ともいう。

 このほか共通のアイデアに基づいた規格にビカット軟化温度がある。針先の面積1mm2の針に9.8N(1kgf)の荷重をかけて温度を50℃/h の速さで徐々に上げ,針が1mmの深さまで沈んだ温度をいう。

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓