• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスボード情報KEYWORD > Al電解コンデンサ

ボード情報KEYWORD

Al電解コンデンサ

アルミデンカイコンデンサ

  • 2005/10/11 11:56
  • 1/1ページ
aluminum electrolytic capacitor

 Al箔でできた電極(陽極と陰極)と,電解紙を重ねて円筒形に巻いた構造のコンデンサ。電解紙に電解液をしみこませておく。0.1μF~0.1F程度と,静電容量が大きいのが特徴である。電源の平滑回路やストロボなどの電源に利用されることが多い。

 静電容量を大きくできる理由は,Al箔電極表面に凹凸を作って表面積を広げられるため。表面の凹凸は一般にエッチング処理で作るが,最近は単位容積当たりの静電容量の伸びが小さくなっている。通常は陽極のみに誘電体であるAl2O3を形成している。極性があり,逆向きに接続すると壊れる。

 最近,米国の大手パソコン・メーカーの製品でAl電解コンデンサの不良が相次いで報告され,大きな問題となりつつある。米Dell社は,2005年第3 四半期の営業報告書で,不具合のある電解コンデンサを搭載したマザー・ボードの交換などに3億ドルを超す費用を計上したと発表した。Dell社だけではない。米Intel社製マザー・ボードを搭載した他社のパソコンや,米Apple Computer社の「iMac G5」などでも報告されている。Dell社のパソコンについては,2003年4月から2004年3月にかけて製造されたマザー・ボードが不良の対象という。

 原因はまだはっきりしていないが,特定のメーカーのコンデンサに不良品があったというような話ではなさそうだ。CPUの高速化に伴い,リップルの大きい大電流がマザー・ボードに流れているせいではないかと見られている。

 また,まったく別の問題として,RoHS指令対応で鉛フリー・ハンダが普及し,リフロー・ハンダ付けの温度が上がったため,基板の製造中にAl電解コンデンサのケースの膨張やリードの浮きが起こることも報告されている。


Al電解コンデンサの構造

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ