電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

シンボル間干渉とは

シンボルカンカンショウ

2005/10/10 18:24
印刷用ページ
inter-symbol interference

 隣り合うシンボル同士が干渉し合うことで波形が歪む現象。ISI(inter-symbol interference)と表記することもある。例えば,先に送った信号とその直後に送った波形が干渉すると,元の信号を判別するのが難しくなる。信号周波数が高速になるほどシンボル間干渉の影響が大きくなる。

 回路技術を使うとシンボル間干渉の影響を低減できる。例えば,前後する2つのシンボル間干渉をあらかじめ見込んで送信回路で送信波形を意図的に変える。これをプリエンファシスと呼ぶ。プリエンファシスを施すことで受信端では所望の波形が得られる。ただし信号周波数が5GHzを超えるとアイ・パターンがつぶれて,プリエンフェシスを使っても受信が難しくなるとされている。

 このほか,シンボル間干渉を許容する伝送方式としてデュオバイナリ伝送(『日経ボード情報』,2005年秋号,p.24参照)という技術がある。光通信の分野で広く応用されてきた技術で,最近になって基板設計でも注目を集めている。NECなどが低誘電損失のFR-4基板を使って75cmの伝送距離を12.5Gビット/秒でデータ伝送することに成功している。

 


シンボル間干渉を防ぐ
波形等化技術を使わない場合,伝送損失により受信波形が歪む。この歪みによって前後のビットに影響 し,シンボル間干渉が生じる。シンボル間干渉は信号の高速化の阻害要因となるため,プリエンファシス を施す。波形を変える個所をタップといい,タップ数が多いほど受信波形のシンボル間干渉は少なくなる

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング