電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

EMSとは

イーエムエス

2005/10/07 17:37
印刷用ページ
Electronics Manufacturing Services

 EMSは,電子機器の製造や設計を担うサービスのことである。1980年代までは受託製造(CM:Contract Manufacturing)サービスと呼ばれていた。当時の受託製造サービス企業はボード・アセンブリ(量産製造)を主体としていた。顧客である電子機器メーカーの発注に応じてボードを製造する。新しいボード・アセンブリ技術を開発するのは電子機器メーカーであり,受託製造サービス企業は技術開発の担い手ではなかった。

 現在のEMS企業は,受託製造サービス企業とはまったく違う。手掛ける領域が大きく広がっている。量産のボード・アセンブリが主体であることは変わらないものの,量産前試作やボード設計,きょう体設計,テスト,保守,修理,電子部品調達なども請け負っている。LSI設計を請け負うEMS企業もある。また大手のEMS企業は,技術開発の担い手にもなっている。例えば,Pb(鉛)フリーのハンダ付け技術や高密度実装技術の開発チームを抱える。

 大手のEMS企業はいずれも,北米やアジア,欧州の各地域に製造拠点を構えている。最大手の3社ともなると,売り上げは1兆円を超える。例えば,EMS企業の売り上げ高ランキングを毎年発表している米Electronic Business誌によると,トップのシンガポールFlextronics社は2003年に138億米ドルを売り上げ,全世界で9万5000人の従業員を抱える。2位の米Solectron社の売上高は111億米ドル,3位の米Sanmina-SCI社でも売上高は108億米ドルとなる(いずれも同誌2004年9月号から)。

 EMS企業の事業規模は,1990年代からに急激に伸びてきた。大きな理由は,米国や欧州などの大手電子機器メーカーが製造部門を切り離したことにある。米IBM社,米Xerox社,米Cisco Systems社,米Hewlett-Packard社,フィンランドNokia社,スウェーデンEricsson社などが機器製造工場を従業員ごとEMS企業に売却したり,製造部門を分離してEMS企業として独立させたりした。日本でもNECが2001年に子会社のサーバー製造部門をSolectron社に売却し,2002年には通信システムの製造子会社をカナダのEMS企業Celestica社に売却した。


電子機器設計製造の流れに占める,受託製造サービス(CM)と電子機器設計製造サービス(EMS)の違い
受託製造サービス企業の中から,EMS企業が育っていった。最大手のEMS企業は設計から製造までを請け負い,電子部品を独自に調達する。独自ブランドの製品を持たない,巨大な電子機器メーカーになりつつある。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング