電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

FRグレードとは

エフアールグレード

2005/10/07 16:45
印刷用ページ
flame retardant grade

 プリント配線基板の部材である銅張り積層板の難燃性を示す指標。「FR-X」と記述する。Xは1から6まであり,FR-6が難燃性が最も高いグレードになる。

 電子機器設計者にとってなじみ深いプリント配線基板は「FR-4基板」である。これはFR-4グレードの銅張り積層板を使ったプリント配線基板を意味する。ちなみにFR-4とは,難燃性のガラス布基材エポキシ樹脂を使い,一般的な耐熱性を備えた銅張り積層板である。

 車載用途など,さらに高い耐熱性を必要とするプリント配線基板には,FR-5グレードの銅張り積層板を使うことが多い。逆に安価な民生機器のプリント配線基板には通常,FR-1グレードやFR-2グレードの銅張り積層板を使う。材料は紙基材のフェノール樹脂になる。

 FR-4基板は,緑色をしていることが多い。これは基板の色ではなく,ソルダー・レジスト(ハンダ・レジスト)の色である。FR-4基板の部材であるガラス布基材エポキシ樹脂は白色に近いので,ソルダー・レジストの色に染まる。このため実際には,さまざまな色のプリント配線基板が作れる。緑色が標準的なのは日本だけで,米国や台湾などでは黒色や赤色などのFR-4基板が珍しくない。またハロゲン・フリー・タイプのFR-4基板はふつう,青色をしている。これも青色と決まっているわけではなく,緑色でハロゲン・フリー・タイプのFR-4基板も実際には存在する。

ハロゲン・フリー基板の例
アドバネットのPentium Mプロセッサ・ボード「A6pci8018」。

FRグレードの概要
材料 絶縁性/
耐熱性
FRグレード 対応する
JIS規格
プリント配線基板の
一般的な呼称
(俗称)
紙基材フェノール樹脂 一般的な絶縁性 FR-1 PP7F 紙フェノール基板
紙基材フェノール樹脂 高度な絶縁性 FR-2 PP3F 紙フェノール基板
紙基材エポキシ樹脂   FR-3 PE1F  
ガラス布基材エポキシ樹脂 一般用 FR-4 GE4F ガラス・エポキシ基板,
FR-4基板
ガラス布基材エポキシ樹脂 耐熱性 FR-5 GE2F ガラス・エポキシ基板
ガラスマット・ポリエステル   FR-6    

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング