電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

PCI Expressとは

ピーシーアイエクスプレス

2005/10/06 19:15
印刷用ページ
Peripheral Component Interconnect Express

 PCI Expressは,次世代のパソコン用高速インタフェース技術である。ボード上のLSI間接続や,マザーボードと拡張ボードとの接続などを担う。現在パソコンで普及しているPCI(Peripheral Component Interconnect)バスを置き換えることを狙う。 。

 もともとの名称は「3GIO(3rd Generation I/O)」だった。PCI Expressは「PCI」の名称を受け継いでいるものの,物理的にはまったく違うインタフェース技術である。PCIバスは32/64ビット幅の共有バス技術を採用していたのに対し,PCI ExpressはLVDS(Low Voltage Differential Signaling)のシリアル・リンクを採用した。データ転送速度は最大2.5Gビット/秒である。ただしオーバーヘッドがあるので,実効的な速度は1.6Gビット/秒くらいになる。

 PCI Expressでは1ポート(1対)のシリアル・リンクを「レーン」と呼ぶ。シリアル・リンクのポート数を増やす,すなわちレーンを増やすことによってデータ転送速度を高める。規格仕様では,1/2/4/8/16/32レーンをサポートすることになっている。

 拡張ボード用スロット(拡張スロット)は,PCIバスの拡張スロットよりもはるかに小さい。ただし外形寸法は,レーン数によって異なる。レーン数が多くなると,外形寸法が大きくなる。レーン数の多い拡張スロットはレーン数の少ないボードにも対応する。例えば8レーンの拡張スロットであれば,1/2/4/8レーンのボードを実装できる。

 PCI Expressには,いくつかの拡張規格がある。例えばPCMCIA(Personal Computer Memory Card International Association)は,PCI Expressと互換性のあるPCカード規格「ExpressCard」を策定した。大きさが34mm×75mm の「ExpressCard/34」モジュールと,大きさが54mm×75mmの「ExpressCard/54」モジュール(写真)がある。厚さはいずれも5mm。

 また通信機器向けに,「Advanced Switching」規格が策定された。ネットワーク階層でみると,PCI Expressは物理層,データリンク層,トランザクション層で構成されている。Advanced Switchingは,トランザクション層だけを通信機器向けに拡張した。マルチキャスト転送モードや輻輳制御などの拡張機能を備え,さまざまなネットワーク・プロトコルに対応する。


PCI Express互換のPCカード
PCMCIAが策定した「ExpressCard」規格に基づくカード・モジュールである。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング