電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

PICMGとは

ピーアイシーエムジー

2005/10/06 18:47
印刷用ページ
PCI Industrial Computer Manufactures Group

 PICMGは,2つの意味で使われている。1つは,規格策定団体を指す。もう1つは,特定の規格仕様に基づくボード製品である。PICMGボードとも呼ばれる。ちなみに,PICMGは“ピックエムジー”と発音されることも多い。

 PICMGは本来,規格策定団体(PCI Industrial Computer Manufactures Group)の名称である。パソコンで標準的な入出力バスとなったPCI (Peripheral Component Interconnect)バスのインタフェースLSIといった安価な技術資源を生かしつつ,産業用のボード・システムで利用できるバス・ボードの規格を策定するために設立された。

 PICMGの最初の成果は,「CompactPCI」バス・ボードの規格である。CompactPCIバスは電気的にはPCIであるものの,ボードやコネクタなどの機械的な仕様はユーロカード(3Uおよび6U)に準じた。

 当時,産業用ボード・システムに普及していたバスはVME(Versa Module Eurocard)バスだった。VMEバスに使われていたボードであるユーロカードを,CompactPCIバス・ボードにも採用したのである。

 PICMGはその後,CompactPCIバスの拡張機能やPCI-PCIブリッジ・ボードの仕様などを策定してきた。最近では,通信用ボード・システムに向けた技術仕様「AdvancedTCA」を策定している。

 一方,PICMGボードは,PICMGが策定したPCI/ISA規格に基づくバス・ボードである。PCIバスのエッジ・コネクタのほか,PCI以前の時代にパソコンで普及していたISA(Industry Standard Architecture)バスのエッジ・コネクタを備える。このPICMG PCI/ISAバス・ボードは,CPUボード(シングルボード・コンピュータ)向けに仕様が策定された。パソコンのCPUボードであるマザーボードは,産業用には適していないと考えられていたからである。バス・ボードの挿抜によってマザーボードの配線やハンダ接合部などに悪影響が出ることを懸念した。

 PICMG PCI/ISAバス・ボード・システムでは,数多くのコネクタを搭載したバックプレーン・ボードにエッジ・コネクタ型ボードを挿入する構成を採る。当然,バックプレーンは産業用に適した頑丈さを備える。このシステムでCPUボードとなるのが,PICMG PCI/ISAバス・ボードである。現在では単にPICMGボードと言えば,PICMG PCI/ISAバス・ボードを指すようになっている。


PICMGボードの例
PCIバスのエッジ・コネクタ(写真の左下)とISAバスのエッジ・コネクタ(写真の右下)を備えた,シングルボード・コンピュータである。写真はコンテックの「SPI-8151-LLVA」。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング